小説
小説
小説・読み物問い合わせ
 >仁科 信吾 小説集
幼 い頃より墨田区きらきら銀座商店会のそばで、生まれ貧乏暮らしの家庭で育ち、墨田区下町の人々の喜怒哀楽は感じてきました。しかし劇団に入り芝居をするよ うになると、芝居自体は嘘ばかりです。でも芝居は楽しい。この様に相手を楽しませるなら、作品を読んだ人が楽しめるなら、そう言う小説も良いかもしれませ ん。これからも、そのように楽しい小説を書けるように努力していきます。自分の作品でも、読み終わった後、ホッと出来る作品(小説)にしていきたいです。

今後も少しずつ増やしていく予定ですので、たまにチェックして下さい。
なお、此処で公開している物語は、すべて販売品です。あらかじめご了承下さい。
もし良かったら感想を御願いします。感想フォームはこちら

 タイトル キャッチコピー 

生きている甲斐が無い、そう言う人は沢山いる。その人は一生、生きている価値を見付けることが出来ないのだろうか?
また、渋谷でしか生活することが出来ない少女達は、いつまでそんな生活をしているのだろうか?もしその他人の二人は親子として、相手の幸せを願い、互いに親子の愛を持てるのだろうか?
21世紀の現代、実の親子でも縁が薄れる、そんな時代に他人を愛する事が出来るだろうか?
現代社会で果たして、生き甲斐を持っていない人、我が子をイジメ殺す親が居るとき、赤の他人でも互いの存在に、生き甲斐を見付ける。
この物語はそんな愛の物語です。

販売店の情報ですが、左のイメージをクリックして下さい。

 
想い出
 恋愛時代の思い出は誰にもあるだろう。毎日が楽しくて、恋人の顔が仕事中でも頭に浮かんでくる。
デートで楽しんだ後、の食事やホテルで過ごしたときはとても幸せだったはず。
しかし、結婚して数年立つとその記憶は消え、互いに相手が疎ましく感じることがある。「こんなはずじゃなかった。もっと別の人と結婚していたら」など思うことも多々ある。そしていよいよ離婚。
でも少し考えてほしい。恋愛時代には互いに幸せだったはず。
夫婦喧嘩はするだろう。でも互いに少し冷静になり、意地を張らずに想い出をたどれば、きっと幸せという宝物が手に入るはずです。
Copyright(c)NOBLEKK CO., LTD. All Rights Reserved.